組合員のみなさまへのお知らせ

[2017/09/21]
災害時対応研修会開催のご案内
先般発生した九州豪雨は九州北部に大きな被害をもたらしました。昨年は、4月に熊本地震・最大震度7、9月に関東・東北豪雨などの大災壱が発生しました。
これらの災害では停電による石油製品の供給困難やSSに対する直接的な被害の為に供給ができない状況が発生しております。
近い将来に高い確寧で発生が予想されている南海トラフ地震や首都直下型地震は、全国各地櫨において供結困織を発生させると言われております。
本年度の災害時対応研修会は、毎年好評の机上における店頭混乱回避シミュレーションをリニューアルして行うとともに、いつ起こっても不思議ではない各種災害にどのように対応したらよいかなどの研修を行います。

2017年10月19日(木)
郡山石油会館

詳しくは、チラシをご覧ください。

※申込み用紙はチラシの2枚目にございます。
[2017/05/12]
福島県石油政治連盟「油政連だより」<29年春号>を掲載しました
[2014/08/06]
「軽油」の販売・運搬に関する注意点
1.「軽油」販売について
(1)「軽油」は「灯油用18Lポリ容器」での販売はできません。

2.「軽油」容器ポリ容器について
  • 現在のところ「軽油」用として性能試験をクリアしたポリ容器はありません。

3.「軽油」の販売方法(運搬含む)について
  • 「ガソリン」用携行缶を「軽油」の容器として使用することは可能です。
    ただし、必ず容器に「軽油」と表示してください。 表示方法は任意です。


4.積載方法について
(1)容器が変形破損していないか、キャツプが完全にしまっているか。
(2)容器には、満タンに入れないで十分な空間容積(内容積の98%以下)を有してください。
(3)容器は車両に固定し、転落、落下、転倒し破損しないようにしてください。

5.運搬方法について
(1)走行に関しては、急発進や急ブレ-キ等を極力避けて、安全に走行してください。
(2)積み替え等は、安全な場所を選んでください。
(3)火災時の初期対応として消火器(自動車用)の設置をお願いします。

チラシはこちらから→ダウンロードできます。

<ご照会先>
  福島県石油商業組合 電話024-546-6252
  又は、地元の消防本部へ問い合せてください。
ページ先頭へ